この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

39

嶋倉

おひさしぶりりあんと、皆様。嶋倉、嶋倉でございます。
彼が急に何か始めたと思ったら思いっきり食い違ってて、お互い頭にハテナがいっぱい浮かびましたね。ほんとそういうのは先に言って、思わず吹部の本領発揮しちゃったじゃないか。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ