この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

豆太

このお話を書くために、本屋に行って、参考書を見たり、実際に問題解いたりしているのですが、自分が昔、使っていたものが今もあるとうれしくなります。しかし、「なんで私が受験するときになかったんだー!」と叫びたくなるよい本に出会うのも楽しいです。
本日もご覧いただき、ありがとうございます。
みなさまのおかげで毎日が楽しいです。
お仕事行ってきます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ