この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

354

水瀬和奏

11月の閻魔帳はこの1話のみです。今までのぶっ飛んだ話からついに恋愛小説になってきましたが、様々な困難が待ち受けている訳です。いつも松本先生はツッコんでいましたが、ここからはまさに自分がツッコまれる対象となっています(;´∀`)
次回、12月の閻魔帳では、受験生のクリスマス話です。ここで菫は携帯小説の世界を体現することになります。
よろしければまたお付き合いくださいませ。
それと、ひとつお知らせです。
今まで頂いたコメントになるべくお返事を書くようにしていましたが、やはりこちらのサイトでは連続でコメントを入れることができないため、お返事を書ける方と書けない方がどうしても出てしまいます。
そこで、申し訳ありませんが、お返事がどうしても必要と考えられるコメントのみにコメントをお返しすることとしました。
頂いたコメントは全て目を通して更新の励みにしておりますので、今後ともよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ