この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

547

水瀬和奏

【あとがき】
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
松本先生の毒舌で、夢をぶち壊された乙女の皆様、ごめんなさい。
彼の毒舌はあくまでも菫の妄想小説にのみ向けられているということをご理解いただけると幸いです。
小説は完結してはじめて評価されるものだと、個人的にはそう考えています。
最終話までお読みいただくということは、かなりの時間を拙作に費やしてくださっているはずです。
読者様の貴重なお時間をいただくにふさわしい話であったかどうか、全く自信はありません。
それでも今は完結できたことへの満足感でいっぱいです。
これも、オススメやコメントで応援してくださった皆様のお力があればこそ、だと思っています。
続編は亀更新になると思います。
それでもお待ちいただけますか……?
最後になりましたが、拙作をお読みいただいた全ての読者様、本当にありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ