この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

409

水瀬和奏

次回、松本先生がこの妄想小説の矛盾を指摘するのですが、彼の切ない労働事情も語られます。
そしてこの王子様先生の情けない裏側まで推測しつつ、彼の容赦ない毒舌は続くのですが……。
まだまだこの話も続きます。お付き合い頂けると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ