この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

15

朝貴

コメントまでご覧頂きありがとうございます。
一応、前作『笑う閻魔』の過去編という扱いになっております。
梵天と閻魔の話が書きたかった、それだけです。
なので、時代背景等々とっ散らかった感じに仕上がりました。でも、愛情込めて書きました。
「ふーん」で大丈夫です。読んで頂けるだけで大変嬉しいです。
ちまちま更新しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ