この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

絶望のヨシ坊

直接的な力はなくとも、言論空間でならそれなりに戦えるということに光を見出した?かもしれないオクマーマ。しかし言論というジャンルの中でさえ、ノリオの本心通信のような弱小では内容以前に知名度も圧倒的に低く広告費もあるわけでなし。苦しいことには違いはないのです。しかもこういう問題のような真面目で耳が痛いようなものを扱えば扱うほど、面白さや快楽を求める一般人にはなかなか見てもらえないものだったりします。それでもオクマーマは、頑張っていくしかないのです……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ