この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

絶望のヨシ坊

オオクマーマは、やはり大和テツの魂が宿った念波ロボでありました。お互い無自覚でも「生前の元自我同士は多分親子だったんじゃないか」「いや例えそうじゃなくても、心は親子同然だ」とは思っているという、事実は完全にわからずとも親子同然だと思って接しているという不思議な関係であります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ