この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

住鳴華

ここまでの閲覧ありがとうございます。住鳴です。
説明書みたいになっちゃいました…。
よみずらくてすみません……。
本当はもう一つ重要なお話が別にありまして、二作連動した物語設定なのですが、いつか書きたいなぁ、なんて…。
それではもしよろしければ次話でお会いできたらと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ