この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

18

空色ピエロ

空色ピエロです。どうもです。
この小説を引っ張り出してきて思ったのは『今の自分の小説の書き方と違うなぁ』です。確かに自分で書いたのがわかる言葉の表現とかはあるので、間違いなく僕が書いたものだとは思いますが、僕が感じているこの違和感は成長によるものなのか劣化によるものなのか、判断できかねます。自分としては成長による違和感だと思うのですが、どうなんでしょうね。
皆さんも何かものを作ることを始めたときは、過去の作品を全て取っておくことをお勧めします。後でその作品を引っ張り出すと楽しいですしね。
ちなみに僕が初めて書き上げた小説はどこにも公開してないのですが、せっかくなのでcomicoで公開するのもいいかもしれませんね。はたして需要はあるのだろうか(笑)
それでは、また次回で会いましょう☆

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ