この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

猫石クレノ

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
相手に関しては書き始めるまで悩んだのですが、この物語を書き始めた当初に希望などが特にない場合は透夜で書くと決めていたのを思い出し、最終話のお相手を透夜に致しました。
見る感じ、志貴でも良さそうだったのですが……。
 
いつか恋をするのでしょう。
恋を失った彼らは、いつまでも六花を忘れる事なく、六花を好きなまま。
自分の全てを受け止めてくれる、誰かと。
いつか出逢えるでしょう、六花と同じぐらい幸せにしたいと思えるような誰かと。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ