この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

葵祢子

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
愛してくれていたのに捨てられて。愛していたから絶望は大きくて。六花にとって誰かを愛する事、誰かに愛される事は、どうしても恐怖を感じる事です。――幸せであると知っていますからね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ