この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

葵祢子

芹ヶ野真弓個別話第二話。
 
読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなども励みになっております。
どれだけ傍にいようが、心の距離は変わらない。――或いは縮めようとしていない。近付きたいと願うほどに、彼女の幸せを探す。果たして彼女の幸せに自分と言う存在は必要なのかそうではないのか、迷いは尽きませんね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ