この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

12

葵祢子

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
初恋っていつだったけな、と思い出すと、ただ本当に、想うだけで幸せだったような気がします。たまに名前を呼ばれたり、席が近かったり、挨拶を交わしたり。
ただ、そんなことが幸せだったように思います。想われたいとは思っていなかった気がするので、何とも幼い恋でしたね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ