この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

猫石クレノ

蕪木帝人個別話第五話。
 
読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
たった一瞬だと人は思うのかも知れませんが、一瞬の迷いや躊躇いが酷く大切な相手を傷付けてしまう事があると思います。――例え、その迷いが相手を想うものであったとしても。
大切な時ほど、己の心が示すままに。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ