この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

葵祢子

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
これで暁のお話は一旦終了致しました。彼が背負った罪は果たして罪となり得るのかどうかは自分でも分かりませんが……支えられて、助けられて、見守られて、暁は当たり前の日常へと戻る事が出来ました。
 
次回からは毎度お馴染みの個別のお話になります。
さてはて、終わりが徐々に見えて参りましたね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ