この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

葵祢子

蕪木帝人個別話第五話。
 
読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
ちっぽけなプライドだって、帝人が帝人であるためには必要なものです。守る程に価値はないプライドだとしても、それでもそれがあるからこそ、らしさが保たれる。時にそれは邪魔なものになり得るのだとしても。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ