この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

葵祢子

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
一言で”恋”とは言っても、憧れと勘違いしていたり、友愛だったはずがいつの間にか変わっていたり、境界線が曖昧ながらも、不意に気付きますよね。――ああ、恋をしていたんだ、と。
気付くまでに時間が掛かる事もあります。すぐに気付く事だって。帝人の想いもまた、一つの恋の形です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ