この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

猫石クレノ

読んでくださりありがとうございます。オススメやお気に入りなどもいつも励みになっております。
『好き』と言う気持ちがあってもそれが正しく恋であるのかどうかは、本人が迷う内はいつまで経っても恋にはならないのだろうと思います。自覚し、貫く覚悟を持って帝人の『好き』は恋になりました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ