この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

空色ピエロ

どうも。空色ピエロです。
ここで【僕が君から『奪う』まで】は完結とさせてただきます。僕は禄。君は楽日と睡蓮でした。
僕の作品は、いつもこんな感じにドタバタ終わっている気がします。笑って終わりたいジジイ心です。ハッピーエンド大好き。笑う角には福来る。
この話を公開している今は四月。世間は入学や入社、クラス替えに引っ越しなどで、日常の形が変わる人がたくさんいる時期です。でも、そこにあるのは日常なんです。変わった事を受け入れれば、今も以前も、同じ『日常』って言葉で表現できます。
どうか、不老不死となった彼らの日常の先に幸せがありますように。
この作品が完結して、入れ替わりのように僕の他作品【気まぐれ猫の神様事業】がベスチャレ化しました。信仰を失いかけ、消えそうになった猫夫婦が、旅をして願いを叶える涙ありの夫婦コメディです。ぜひ読んであげてください。
それでは、またどこかで会いましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ