この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

及川暢介

皆さん、こんにちは及川です。
今回は竹男の視点で物語を書いてみましたが
いかがでしたか?
祖父母とあまり縁がなく育ってしまった及川としては
祖父母というものに若干幻想を抱いているかも知れません(汗
では、次回のお話でお会いしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?