この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

藤花詩空

どうも、藤花詩空です。閲覧有難うございます。
彼目線1話目です。目線が彼の方になっただけなので台詞は主人公目線とほぼ同じです。
大河の対応は余り気持ちが入らない無愛想でクールな対応になりがちですが、そうなるのは考え過ぎる性分だからです。
だから主人公目線と同頁数縛りだと何時も基本となっている1000~2500字程度じゃぜんっぜん足りない!結果1話3000近く~4000字近くのボリュームとなり、いつもより長目です。台詞も多いですし見難くならないよう心掛けてるつもりではありますが、それでも見難かったらすみません。言って下されば主人公目線と同頁縛りは辞めて分けるようにします。
因みにツンデレは唯の照れ屋のせい。だから別に望んでそうしてる訳じゃありません(そもそも望んでツンデレ発言するツンデレキャラとか居るのか)。
そういったところを見ていくと主人公よりも乙女かも知れない。
以上、作者からでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ