この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

藤花詩空

どうも、藤花詩空です。閲覧有難うございます。
彩羽がお父さんして大河が息子してる回です(←語彙力)
大河が彩羽相手だと無言で頷いて反応する事が多いのは自分の父親の様子が参考です。
父親は昔から反論が多く、ああ言えばこう言う人なんでうざったいと思われがちなそんな性格ですが、自分の母(作者からすると祖母)の前になると素直に頷いて従うという面があります。それが参考になっています。
彩羽の教育方針は色々ありますが、それは実は作者の自作(理想)です。
うちの親の教育方針は色々黒歴史やら歪んだ性格やらに影響してきてますのでそんな作者のように大河がならないように、です。
大河の歪んだ思考は彼の過去に原因があり、会話が苦手なのも実はそういうところがあります。
それをどうにかしてあげたいと彩羽や銀河(後作者も)は思っています。
まぁ作者も思考が歪んでいる自覚がある人ですが(駄目な奴)
以上、作者からでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ