この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

藤花詩空

どうも、藤花詩空です。閲覧有難うございます。
大河編プロローグ、完全完結です。台詞は大して変わっていませんが、大河の気持ちが主人公目線よりも良く見えたんじゃないでしょうか。
大河は自信が無い子です。・・・だけど認められる事を強く望んでる。
認めてくれる相手に素直に対応出来ないわけですが。嬉しいのに。
だから彼にとっては認めてくれる言葉が大切なんです。大河の言う『魔法の言葉』。
そんな言葉をくれる彼女と大河の距離は今後縮まっていくでしょう。
そして少しずつ大河も成長していく。少しずつ本当に素直になっていく事、それが彼の成長でしょう。
そんな成長する大河。でも成長しきれない可愛らしい部分も持つ大河。そんな彼を愛してくれると作者も嬉しいです。
企画進行中ですので宜しければそちらも!
次は銀河。さて彼の話は長くなるのか短く止まるのか・・・作者にも未知数です。
以上、作者からでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ