この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

藤花詩空

どうも、藤花詩空です。閲覧有難うございます。
書きながら大河は一体何デレだったかわからなくなったり会話からバカップル臭がして恨めs・・・羨ましいとか考えたりして忙しかった回です。
一応クールでツンデレな筈。改めて言ってみると面倒な性k・・・ゲフンゲフン。
付き合ってからの大河はデレが多いような気もするけど意外とそうでもないような?一体どうなんだろうか。
まぁ大河は他に恥ずかしがり屋な所があるので人前で何かして来たりはしないし手を繋げるのも稀というのもイメージなので結局良くわからない。それって女性からするとどうなんだろうか。
まぁそれはさておき、新年一発目の更新(遅いけど)という事で2016年に一番驚いた事を言います。
『ATMに五千円冊忘れながら去っていったおじさん』
(慌てて追いかけて届けました。後ろが自分じゃなければその五千円はどうなっていたのか・・・)
以上、作者からでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ