この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

藤花詩空

どうも、藤花詩空です。閲覧有難うございます。
翔夜は何を思って仕事を引き受けたのかも書きたかったのですが文字数がとんでもない事になりそうなのでカットしました。
作者のバレンタインの思い出は同性の友人と友チョコ交換をした事です。作者は甘過ぎる物は気持ち悪くなってしまうので友人達がそういった事を配慮してくれていた事を覚えています。
作者も作りましたが、妹と一緒にやりました。人にやるというのにレシピから外れた得体のしれない物を作ったら大変ですから。
妹も友人達も物凄く女子力が高いので手の込んだバレンタインのプレゼントを頂いていました。
因みに今年はクッキーを家族宛に作りました。クッキーミックスを使っているので大きな失敗も無く、食べた妹も美味しかったと言っていたので良かったです。
妹はチョコレートケーキを作ったと言っていましたね。矢張り高過ぎる女子力。ちょっと分けて欲しい。
以上、作者からでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ