この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

緑茶

どうも、緑茶です。
今回から新章が始まりますが、第一章!どーん!
という程の区切りにはならないかもしれないので、それらしいタイトルをしれっと付けてみました。
さて、森を抜けて新たな国に辿りついた二人の下に、早速怪しげな噂が飛び込んできます。
ログには別の意味での強敵も待ち構えていそうですが、何とか頑張ってほしいものです。
それでは、ごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ