この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

緑茶

どうも、緑茶です。
さて、そんな訳で、一人称の醍醐味(だと作者が思いこんでいる)主人公がひたすらに敵さんを罵倒する回になりました。
荒れる主人公と怒れる亡国の姫、そして危ない参謀さん。
丁度良い加減のキャラクターが欲しいところですが、このバトルが終わるまではばちばちいきます。お付き合い頂けたら嬉しいです。
それでは、ごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ