この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

緑茶

どうも、緑茶です。
扇風機に向かって『あー』と声を出したときのアレの感じを、
参謀さんにお願いしようかと思いましたがやめました。
きっと伝わらないし、この空気で扇風機という単語を出すわけにもいかないので……残念。
傀儡の国編は次回でまとまる予定です。
それでは、ごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ