この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

142

餅月望

こんにちは、餅月です。いつも応援コメントありがとうございます。
第二十三話、いかがだったでしょうか。
自分の真意とは全く違う意図で、言葉を受け取られてしまう。
それによって、誤解が生じていく。まったく、人とは悲しい生き物です。
そんなわけで、ミーアの口撃は盛大に空振りに終わったばかりか、ティオーナさんを励ますものにまでなってしまったようです。なかなか、ままならないものですね。
ちなみに、宮廷剣術を習得しているティオーナさんは、革命を主導するだけあって、かなりの剣の腕前です。強いです。ミーアはケンカしたら、泣かされること請け合いです。
……真意が気づかれなくって、よかったのではないでしょうか。
ところで、前の時間軸で、ティオーナさんを助け出したのは王子様でした。
ということは……? 最後の影は……。
ではまた次回、お会いできれば嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ