この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

162

餅月望

さて、第二十四話、いかがだったでしょうか。
ついつい調子に乗って悪口言ったら、泣かれてしまって気まずい思いをする、なんて話、割とよくあると思います。ミーアの場合、自分を殺す予定の相手ですから、どれだけ罵倒しても平然としていると思い込んでいただけに、突然泣かれて大変気まずい思いをしております。完全な誤解なのですが、ミーアの行動はティオーナの目に、どう映っているのか……。
それはさておき、ようやく現れたミーアの仇敵、シオン王子と聖女ティオーナ。
彼らとお知り合いになりたくないミーアでしたが、運命は、そんなことを許さず……。初日に顔合わせとなってしまいました。
かくて役者はそろいて、物語は動き出す……、といったところでしょうか。
はたして、この後、どのような物語が待っているのか……。
ということで、また次回、お会いできれば嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ