この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

162

餅月望

こんにちは、餅月です。
第三十三話でした。いかがだったでしょうか?
世の中には、すんなり告白をオーケーされるより、冷たくされるとかえって燃えてしまう男というのが存在しています。シオン王子はどうやらそのタイプだったようですね。
ダンスパートナーをすんなりオーケーした場合と、あえてお断りしてしまった場合、はたして彼の印象に残りやすいのはどちらだったのか……。
そして、ミーアの思惑(という名のキースウッドの妄想)が判明するのはいつのことなのか。
ということで、また次回、お会いできればうれしいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ