この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

148

餅月望

こんばんは、餅月です。
ということで、第四十話でした。
ダンスパーティーの裏では、ミーアに結構な危機が訪れておりました、というお話です。
知らないうちに、疑われる立場になってしまったミーア。
しかも、敵に回したらギロチン直行してしまいそうなメンバーがそろっているという間の悪さ。
そんなこととはつゆ知らず、ほくほく顔でダンスを楽しむミーアさんなのでした。
ちなみに現在、パーティーが始まって1時間ぐらいでしょうか。
もう少ししたら、ミーアとシオン王子とのダンスが始まるところと思って読んでいただけるとよいと思います。
はたして、事件の顛末はいかに?
ということで、また次回、お会いできればうれしいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ