この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

214

餅月望

こんにちは、餅月です。いつも応援、コメントをありがとうございます。
気づけば三月も終わりに近づいておりますね。
今年も四分の一が終わろうとしている現実、時間が加速している気がしてならない今日この頃です。
さてさて、軍をさっさと撤収させたミーアでしたが、後始末を押し付けられたディオンたちはそれなりに大変でした。現代の日本であれば、百人の寝食を用意するのは、そこまで大変ではないのかもしれませんが、冷蔵技術やら輸送技術やらが未発達なファンタジー世界では、やはりそれなりに大変です。
そんな苦労を押し付けられ、すっかり疲労状態のディオンに追い打ちをかけるように、現れる不幸の届け人、ルードヴィッヒ。
株式会社ミーア産業は、今日も超過勤務上等のブラック企業なのでした。
ということで、また次回、お会いできればうれしいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ