BEST 21gのひと

小谷杏子

♡ 27

第1話から読む

目を覚ますと自分が空っぽであることに気づいた。
「俺は、俺のすべての記憶が消えた空っぽのまま、真新しい景色に愕然とするだけだった」
鍵を握るのは一人の女子生徒。彼女を探せば記憶の在り処が分かるかもしれない。(表紙・アイコン:小谷杏子)