この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

小谷杏子

どうも、小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございました。
毎話、温かいコメントありがとうございます。前回は特に、私自身ひやひやとしていまして。
重たくならないように、と心がけていたのですが「ここは大事に扱うべきだ」ともう一人の自分が主張していました。何か感じていただけたなら、私はもうそれだけで幸せです。
今回は、そんな始まったばかりの母子の微妙な空気を書きました。
日花里さんも暁人もこれからです。
さて、次回ですが…暁人はどこへ行ったのやら。ちょっと探してきます。
※追記:10/25、日花里のアイコンを加えました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ