この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

小谷杏子

どうも、小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございました!
奪われたはずの記憶はどうやら自分で捨てたものらしいです。
捨てたから奪われたのか、奪われたから捨てたのか、捨てようとしたから奪われたのか。
次回も引き続きよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ