この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

15

小谷杏子

どうも、小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございました。
長かった一日が終わりを迎えています。楽しかった祭りのあと、忍び寄るのは一体何?
さて、今回姿を表したのは「町田」というちょっと変わった女の子です。
彼女にもモデルはいます。
高校の入学式の日、知り合いが誰も居なくて呆然としていた私に声をかけてくれたのが彼女でした。
それから三年間、行動を共にしてましたね。懐かしいです。
市原はどのクラスにも一人はいる、世話焼きな女の子です。皆様の学生時代にも彼女がいたのではないでしょうか。
懐かしい記憶を辿るも良し、「今」を記憶にとどめておくのも良し。
そんな楽な気持ちで読んでいただければと思います。
次回、新展開(ようやく)。
※追記:10/22、本文内容の修正をしました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ