この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

395

紗雪ロカ

手首です。ご主人様の体調不良も気になりますが、ラスプ様の負担がすさまじいことになってるのが気がかりですわ…日中の自警団訓練に、空き時間の人間領への移動と人助け、加えて城の料理までしてるんですもの…わたくしも手伝えることがないかしら…
そう思ったのはご主人様も同じだったらしく「料理は私が作るよ!」と張り切ってらっしゃっていたのですが、その…食卓に上がる前に半分以上…胃袋へ消えて……ですね。わたくしその時初めてジャパニーズドゲザというものを目にしました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ