この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

MIDO

キトビロはギョウジャニンニクです。
日本では北海道に自生していてしょうゆ漬けにして食べられているそうです。
私が以前住んでいた外国のある町では「熊のニンニク」と呼ばれ、3月頃から自生していたので、ニラ代わりに餃子の餡に入れたり、ニラ玉のようにしてよく食べていました。そして、5月になったらスズランと間違えるのが怖いので絶対に摘まないようにしていました。小川の近くや湿地など、足元がじめじめした日陰のところによく生えています。
その町ではギョウジャにんにくやタンポポの葉などは春のサラダでよく食べられていて、スーパーなどでも
出回っていいました。たけのこ、つくし、フキノトウなどは自生していても地元の人は食べなかったので、春の終わりに育ち切ったそれらのいかつい姿を見て、結構びっくりしていました。
それでは、今回もお読みいただきまして誠にありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ