この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

32

永春

ここまで読んで頂き、本当に有難うございます。
まだまだ小説を書くのが下手ですが、頑張っていきたいです。
 
Even if I knew that tomorrow
the world would go to pieces,
I would still plant my apple tree.
 
ルターが改革していたキリスト教において「リンゴ」は
「善悪の知識の実」であり、同時に「禁断の果実」とされています。
 
※2話目でコノハも言っていた『旧約聖書』の「失楽園」エピソードです。
 
それを踏まえるとルターの言葉の真意はもっと深そうですが、日本では
「努力が無駄になるとしても、今を一生懸命生きよう」という意味で解釈されることが多いですね。
 
最後まで長々と失礼いたしました。
これからリンゴの季節です。寒さも厳しくなりますので、皆さんどうかご自愛ください。
それでは、またどこかで。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ