この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

喜一

アルディル…!家に男を泊めてはいけないよ…。
そう思いつつも、泊まらせるようにしたのは私です。
ところで今回、食に触れています。アーサー王伝説の時代にはない食べ物や調理器具諸々出てくると思います。ここはどうか見逃してください…。
次回は多分、多分。城内に行きます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ