この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

装飾音

こんにちは、装飾音です。
嫌な記憶って楽しい記憶と同じ位抜けないですよね。私もまだ小学校一年生の頃の思い出したくない記憶とかたびたび出てきては一人でむかついてたりします。
そんな記憶がなくなったら幸せと聞かれれば…、どうなんでしょうね?
いろいろ考えながらこの作品読んでくれたらいいなと思っております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ