この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ЯГБ伊音

・今回から、ベルリンにあるBEF職員のアジトを探す話です。
・本編でも書いた通りドイツは美帝の敗戦により東西が分割され、特に西ドイツは美帝のUCAやBEFの隠れ蓑になってしまっている状態は戦後、ドイツの歴史を調べれば解ると思います。
・この作品の吹き出しは、見方は「青」、敵は「ピンク」、中立(第三勢力等)は「黄色」、無関係(民間人等)は「デフォルト」でやっていこうと思います。なので誰が敵が味方かを分かりやすいようにする事で話の動きを分かりやすくしています。
・次回から、バトル描写が入り、世界を賭けた戦いが始まります。
・話は変わるが、スノーデンさんが凄いと感じるのは自分のリスクを賭けて某超大国の盗聴実態を暴いた後、ロシアで世界の盗聴実態を公開している処が凄いなと感じます。彼が必要以上のリスクを追っているのを見るとそう言う話も書きたくなります。その某超大国はこの作品では美帝と書きます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?