この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

藍織

出来るだけ短くテンポよく!を心掛けていますが、最初のお色気シーン(語弊アリ)まではもう少しかかります。
鎧の先輩たちは徹夜明けテンションということで。前夜、先輩たちは魔法を使って有り得ない速度で移動し、その間キールは半分眠った状態でいました。彼らは重い鎧も着ていることでやや疲弊しており、眠気のピークは越えて今更眠れないワッフーという感じな状態です。別に描写するつもりが無いのでここで供養。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ