この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

青木灯

 卒業式の日、いつも怖かった剣道部顧問をしてた担任が、泣きながら言いました。「この子たちが、我が子のように可愛くて」その言葉を聞いてクラスの全員が涙腺崩壊しました。教室、学校という閉鎖空間の中で、やはり、“先生”というのは特別な存在なんですよね。良くも悪くも。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ