この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

爽崎和生

こんばんは、爽崎和生です。
5話目になりました。
長々と引っ張ってしまいましたが、遂に次回から『橘直樹』の記憶に触れる回想に入ります。
それでは。また宜しくお願い致します<(_ _)>

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ