この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

Sayoko

憾みはうらみと読みます。さて、筆者は一人暮らしを予定しており、不動産屋さんと物件を見に行きました。場所も決めて書類も書きましたし、住民票も役所で取得して不動産屋に提出したりと準備に追われた日々でした。役所は交通の便が悪く、自転車で1時間かかりました・・・暑かった。今は審査待ちで通れば来月から引越しして住む予定なんですが・・・果たしてどうなることやら。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ