この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

千葉某(ちばのなにがし)

実は最初、かなは「ふみ」という名前でした。
突発的にこの章タイトルがつけたくて、この名前に変更しました。
 
埋まらない記憶を埋めるように他人の記憶を食べる諒。
小さな嘘で諒の目をふさぎ続けるかな。
……千葉にしては珍しく歪んだお話になりました。お楽しみいただけたでしょうか。
普段は165°ぐらい回った先のほのぼのラブコメを書いています。……正直今回めちゃくちゃ頭使いました。
 
では、また。
別の作品でお会いできることを楽しみにしています!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ