この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

弁財京

読んでくださってありがとうございます。
記憶の売買ができる世界は便利ですけど怖いですね。
私が一つ記憶を買えるならとりあえず英語を話せるようになりたいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ